カンボジアやタイからの技能実習生

subpage01

カンボジアやフィリピン、タイ等の発展途上国から若者を日本の企業に受け入れる、外国人技能実習生が注目を集めています。
残念ながらニュースでは外国人技能実習生の失踪や、日本企業が払う賃金の安さ、待遇の悪さ等、悪い面ばかりが取り上げられています。

カンボジアの技能実習生情報に関する耳より情報を公開しています。

ですが、本来外国人技能実習生制度はニュースになる様な悪い面だけではなく、良い面もたくさんある制度になっています。カンボジアやフィリピン等の若者たちは見知らぬ海外に来てまで仕事をしたい、と思う真面目な若者が殆どとなっています。日本に来る前から日本語を学んだり、日本の文化を学んだりと勉強熱心でもあります。
ニュースでは悪い面ばかりですが、真面目にコツコツと働き、日本の企業の力になっている外国人技能実習生はたくさんいるのです。

カンボジアやフィリピン等の技能実習生たちは日本の企業に受けいれてもらう事で、母国では学ぶ事が出来ない技術や知識を知る事が出来、それをそのまま母国に持ち帰り生かす事が出来ます。
反対に日本の企業は人材不足への解消、若者たちの母国との繋がりを持つ事が出来る様になります。

日本の企業側も彼らを受け入れるのに、発展途上国の若者だからと言って低賃金にしたりせず、日本人同様の待遇が必要です。



また、住む場所や言葉へのフォロー等も必要になるでしょう。



実習生たちとの間に入る組合団体も、日本の企業や若者へフォローをしてくれるので、組合団体もしっかり選ぶ事がおススメです。