評判が良いカンボジアの技能実習生

subpage01

日本は今一部の職種では深刻な労働力不足に悩まされていて、各地で若い多くの外国人が働いていますが、中でもカンボジアの技能実習生の評判が良いことで知られています。

カンボジアの技能実習生が最近こちらで話題になりました。

カンボジアの技能実習生は送り出し機関と呼ばれるところで、日本学習をおおよそ6ヶ月間学習し、訪日後生活や仕事をする上で困らない程度の語学力を身に付けます。

また、面接では人物も重視し、家族背景も含めて厳正な審査を踏まえて採用の合否を決定しますので、日本サイドの受け入れ側も安心です。また、カンボジアの技能実習生の特徴でよく挙げられるのが、近年は日系企業の進出が加速しかなり良くなりましたが、低賃金であまり環境が良いとはいえない中で働いていたことを次世代の若い人たちも知っていて、勤勉で仕事熱心なのが挙げられます。



東南アジアの技能実習生の中でも特にシャイで恥ずかしがり屋のところがあり、自己主張や争いごとを好まない、いつも笑顔で接する人柄もまた受け入れ側からの評価が高いです。

目覚ましい高度経済成長を遂げたほかのアセアン諸国と比べると、まだカンボジアの田舎に行くと発展はしていませんが、首都プノンペンでは都市インフラが進み外国のビジネスマンがほかの国の主要都市と近いレベルで生活出来るようになりました。


カンボジアは10年前とは違い、首都プノンペンが発展したことで夢を持つ若い人たちも増えてきました。

そんな中、技能実習生として、日本へ行きたいと思っている人が多くいます。