カンボジアの将来を担う技能実習生

subpage01

2016(平成28)年11月末に各界で、外国籍の労働者についていろんな観点や将来的な国内における労働力不足において長年議論されてきた、技能実習生に関しての新法案が可決成立されました。
条件を満たすことで従来の3年から5年へ労働期間の延長が認められたことで、特に協調性があり温和なカンボジアの若い人たちに期待が寄せられています。

隣国にはタイとベトナムといったアセアン諸国の中でも特に発展を遂げた国の間に位置していて、出遅れていたものの最近では確実に経済成長を続けることで、世界有数の先進国の日本で学び働きたいというカンボジアの人たちが多く見かけられます。


技能実習生として来日する前に、特有のビジネスマナーや日本語教育のトレーニングを集中的に行なっていますが、技能試験に加え本人のやる気や健康診断、家族環境などを含めた採用試験が厳しいところ多く、受け入れ側の評価が特に高いのがカンボジアといわれています。

カンボジアの技能実習生情報を集めました。

家族思いで年配のひとを敬う上限関係をわきまえた伝統が各地で残っていることで、日本社会に順応するのは早いといわれていますが、よくいえば自己主張をしない分、仕事場では進捗状況や技術レベルの向上に関してもチェックをする必要があります。



カンボジアの人たちにとって日本は憧れの国であり、夢や希望をもって来日し、近年経済レベルが上がっている母国で活躍の場が増えていることで、技能実習生も高いモチベーションを維持して働いているといわれています。