今後も必要とされるカンボジアの技能実習生

subpage01

日本の会社や病院、地域では深刻な人手不足に頭を痛めている地域もあり、外国人の技能実習生に期待を寄せる声も近年ではあちこちで聞かれるようになりました。
病院関連ではインドネシアにフィリピンやマレーシア、工場や水産加工場、建設現場などでも中国をはじめ多くの若い技能実習生が働いている中で、特にカンボジアの人気が高まってきています。ほかのアジア諸国の技能実習生と比較するとおとなしめですが、その分穏やかな平和主義者のひとが多く、争いごとを好まず組織の中で働くことを良く理解していることで、日本の受け入れ側の機関や会社からの評判が良いことでも知られています。
また、タイや中国の賃金が上がる中、日本へ来る技能実習生の数が年々減少している国がある一方で、依然として憧れの国が日本であるカンボジアの人たちは今後も国内の各現場で必要とされます。

カンボジアはイメージ的にはあまり馴染みのない国で、東南アジアの中ではもっとも貧しい国のひとつに挙げられていますが、その分シャイで謙虚な人たちが多いのが特徴です。

今までに培ったノウハウを活かし、カンボジアの技能実習生の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

日本に来る前は3ヶ月から約半年もの間に、日本語学習のトレーニングを集中的に受けて、一生懸命に勉強を頑張っている人も多く、マナー研修でも国民性が似ていることで、内容も受け入れやすく日本に来てからも違和感がなく生活をしているといわれています。



サブカルチャーに興味を持つ親日家も多く、日本で学んだことを母国で活かすために仕事に励む、そんなカンボジアの若い20代の人たちが日本のいろんな職場で働いています。