インプラントの仕組みと流れについて

###Site Name###

インプラントは顎に埋めいれる人工の歯根と、上部構造という失った歯の代わりになるもの、その間に連結するためのアバットメントという部品で構成されております。

上部構造は、技工士が、歯の色や形、噛み合わせや、周りの歯や歯茎、顔のバランスなどの情報を元に、入れたときに噛み合わせなどの負担によって、割れたり、ほかの歯への負担がかからないように考慮して製作されます。

仙台のインプラントの情報探しはこのサイトから初めてください。

インプラントのメリットは、健康な歯を削らなくても治療ができ、天然の歯とほぼ同じ強い力で噛むことができます。


また、入れ歯などとは違い、異物感がなく痛かったり外れたりという心配もありません。
見た目はほとんど天然の歯と見分けがつかないのでインプラント治療を受けたということが周りの人に気がつかれることがありません。

OKWave情報に対応した情報サイトです。

インプラント治療は一回法と二回法がありますが、2回法が一般的な治療法になります。


二回法の治療の流れは、まず、初診と治療計画で治療についての説明と相談をすることになります。

仙台のインプラントの情報をご案内しているサイトです。

次にこれまでかかった病気や現在の健康状態などの検査確認をして、その後、航空内検査、レントゲン撮影などを行います。


一時手術で歯根部の植立を局所麻酔をして行い、その後約、1,2週間ほどで抜歯をして手術部位の確認を行います。

次に、個人差がありますが、治癒期間の後、インプラントと骨が結合するまでまち、手術後は手術部位や口腔内の検査など定期健診を行います。
二次手術で、歯茎を開いて、人工の歯を取り付けるためのアバットメントを装着し、歯茎が治るまで時間をおきます。

歯茎が治った時点で、人工の歯を作り、取り付けて治療が終わり、最後に口の中を衛生的に保つ必要があるため、メンテナンスと定期健診を行う必要があります。